スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告動画を作ってみた

こんにちは、とまとです。
5月になって心なしか、汗ばむ陽気になってまいりました。ゲームレジェンドまであと2週間。
皆様いかがお過ごしですか。

さて今回は、突然ですが(いつもだけど)、
ゲームレジェンドも近くなってきたので、皆のテンションを上げようと、やってしまいました。

ザナドゥ30周年本「ザナドゥ・バイブル」頒布に向けて、告知動画を作りました!
これだッッ!!!




見た人の中に、ひょっとすると、最後の「LA VALSE POUR XANADU」のフレーズを聞いた時、「あれ?この音源なんだろう?」と思った人がいるかもしれません。

そう思った人は、鋭い!
ザナドゥの音楽を作られた、高橋俊弥さんから、今回の予告動画のためにいただいた音源です。
しかも、88版の調ではなく、オリジナルのX1版の調ッッ!!!

(知らない人への注釈:X1版と88版のザナドゥの曲は、調が異なります)

「こんなのどう?」と高橋さんから届いた時には、思わず「いやっほぉお!!」と叫び、ニヤけていたのはこの私です。
これを読んでいる人、「こいつ…かわいそうな人だな」と思いましたよね?
ええ、かわいそうです。だってしょうがないよね、ファンなんだもん(開き直り)。

なお、この不思議な音色はなんだろう?と、高橋さんに尋ねたところ、
以下のようなコメントをいただきました。



「さることありて88版は調を変えたけど、今回は単旋律だったし、30周年ということで、いっちょ、最初に作ったX1版の調で再現してみっかって。
かつて88のFM音源版では打楽器系を使ったんだけど、今回は、木のようにも金属のようにも聞こえる音を、ちいと作ってみたんだ。」



とのこと!!
高橋さん、本当に、ありがとうございます!!!!
さすが!当然ですが、「ザナドゥ」の神秘的な雰囲気にめっちゃ合っています!!

なお、今回のザナドゥ30周年本では、「何故、X1版PSGと88版FM音源では、調が異なるのか?」という記事も書いていたりします。
しかも、高橋さんの手書き楽譜付きでの説明!
このことについて語られたのは、本邦初公開じゃないかな?と思っています。
それは本誌を読んでのお楽しみだ!!!!

さて、次回は、そろそろ、本誌で展開されるビッグなお楽しみ企画についてご紹介できればと思っています。
通販についても、ご要望をいただいておりますので、準備中なのでもうしばし、お待ちを。
発売日に近くなってきたら、サンプルページも上げてみようと思います。

お待たせして申し訳ありませんが、もう少しお待ちくださいませ!

それでは、アディオス!

★高橋俊弥さんのツイッターアカウントはこちら→ https://twitter.com/Hekmatya
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

xanadu30th

Author:xanadu30th
PCゲーム史上の記録的ヒット作「ザナドゥ」、その30周年を祝いまくる本の情報などをアップしていく予定です。
※本サークルは、作品への愛情と、後世に残したいというファン活動の一環で行っております。営利を目的としたものではありません。

ブログを共有
Twitterとまと
Twitter tk_nz
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。